妊娠~産後の体験談。妊娠中は特にいろいろな不安があるもの。無事乗り切った人達の声をご参考くださいね。

menu

妊娠〜産後の経験談 〜生まれくる命へ〜

3人目!最後の妊婦生活!!

最後の妊婦生活も残りわずかだろうか…。

今日で35週0日。

この週数で自宅(正確には帰省中の実家)に居るのは3回目の妊娠で初めて。
私にとってはキセキと言える。

1人目のときは妊娠24週の時に『切迫早産』と診断され、そのまま緊急入院。
長男を出産する36週6日まで丸3ヶ月の入院 。

初めての妊娠で『切迫早産』という青天の霹靂。
入院して1週間くらぃはとにかく泣いた。
悲しいとゆうか、情けないというか…。

幸い36週までもち、元気に産まれてきてくれた長男。
初めてのお産は感動というより、やっと無事産めた安堵の方が大きかった。

2人目のときは前回の経過を踏まえてシロッカーの手術を受けた。

手術の甲斐あって32週までは自宅で普通の生活を送れた。
が、明らかに赤ちゃんが出口を押している感覚があった。

やはり、33週の健診で自宅安静は不可。
またしても緊急入院となった。

前回とは違い、長男を実母に預けての入院生活は、同じ1人で居るのに孤独感が増した。
産まれてからほぼ、24時間365日一緒にいる長男と離れている寂しさや、長男が早産でも元気に産まれてきたことで、私は早産を甘く見ていた。

そして、バチが当たった。

次男は1ヶ月程の切迫入院を経て、36週3日で産まれた。
同じ早産で、たった3日しか違わないのに、次男は産後『無呼吸発作』を発病して入院。
長男の時とは違い、産んでから泣くことになってしまった。
悲しいとゆうか、情けないというか…。

それから約3週間の入院で次男は無事退院。
ちょうど予定日の頃だった。

改めて十月十日お腹の中に居ることの大切さを思い知った。

3人目、今日で35週0日。

出産は赤ちゃんのタイミングで始まるという。
せめてあと2週間、お腹の中に居て欲しい。
この子はどんなタイミングを選んで産まれてくるだろう…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031